So-net無料ブログ作成
検索選択

効果的なイソヌカカ対策グッズはコレ!

[次項有]おすすめ!蚊・ヌカカ・ブヨに効果抜群のハッカ入り虫除け
蚊やヌカカが嫌うハッカを配合した数少ない虫除けです。天然ハッカ100%だから直接肌に塗っても大丈夫。キャンプ・釣りに携行することをおすすめします!
[かわいい]吸血昆虫には最強のお守り!パワー森林香
林業や農作業などプロの御用達。蚊取り線香とは段違いのパワーでブヨ・アブ・蚊を寄せつけません!
イソヌカカ 治療 ブログトップ

ブヨに刺されたら冷やす?温める?対処法を検証してみました [イソヌカカ 治療]

ひどい痒みと炎症を引き起こすブヨやヌカカの咬傷被害。
野外などのレジャーではかなり被害が多いはずですが、案外、正体が分からないという方も多いようです。

そのブヨによる虫刺され、基本的に炎症ですから冷やすというのが定番の対処方法ですが、最近は以前の記事に書いたように温熱治療というものが注目されているようです。
ブヨに刺されたら「冷やす」or「温める」どちらが正しい対処法なのでしょうか?


以前に最近は対策万全でブヨやヌカカに「やられなくなったので試せない」なんてえらそうに書きましたが、やられました。
例のごとく、気がついたのは翌朝。
しかし、同時に温熱療法を試せるとちょっとニヤリとしてしまったおバカなわたし。
1カ所だけでそれほどひどくはありませんが、それはそれは強烈な痒みです。
実際の画像はこんな感じです。
befor.jpg

ということで試しました、温熱療法。
今回は自宅だったのですが、アウトドアというシチュエーションを考え、まず水で幹部を洗ってから、使い捨てカイロで7~8分温めました。
温度は50度ほどでちょうどよさそうです。

温熱治療については「ブヨに刺されたときの応急処置」をご覧ください。

そして注目の結果はこれです。
after.jpg

えっと・・・
写真で分かるでしょうか?
そうです。ぽってり腫れて思いっきり悪化してます。
本人が言うのですから、間違いありません(笑

腫れははるかに大きくなり、痒みも倍増、曲げるのもしんどいです。

この後、半日ほど様子を見ましたが、悪化の一途で結局保冷剤で患部を冷やしながらムヒアルファSのお世話になりました。

こちらはてきめんに効果ありです。
chiryougo.jpg

自分自身を実験台とした結論から分かったことは「毒で幹部が炎症した状態では温熱治療には時すでに遅し、温めてはいけない」ということです。

実際に効果があるという体験談を聞いているのですが、やはりこれは刺された直後ということのようです。
そうするとポイズンリムーバーなどと一緒ですね。
キャンプや釣りなどのアウトドアでその場での応急処置としてはともかく、自宅に帰ってきてから気がついた場合などはすでに時遅しです。

この場合は冷やす+ブヨに適した治療薬しかありません!

自らが実験台なのでよいのですが、ほんとうに間抜けな結末でした。

やはり、直後には気がつかないことが多いと考えると、ブヨ・ヌカカの対策には刺されないための虫除けと万が一の際の治療薬の常備が必須です。
しかし、機会があれば刺された直後に温熱療法を試してやろうとひそかに考えています(笑

ちなみに私的に市販品では最強のブヨ・ヌカカの治療薬だと思っているムヒアルファSですが、今回もその効果を再確認しました。
本当に頼りになるヤツです!
e004624h.jpg
お近くの薬局にも置いてあると思いますし、通販でも購入可能ですので、キャンプや釣りなどアウトドアのレジャーへはぜひ携行することをおすすめします。

[かわいい]ムヒアルファS 通販



nice!(1) 
共通テーマ:健康

ブヨに刺されたときの応急処置 [イソヌカカ 治療]

ブヨやヌカカなど毒虫対策で耳寄りな情報を耳にしました。
それは温めるということ!
「ブヨに刺されたら 冷やす」というのが定説でしたので、これは衝撃でした。
最近はムカデの咬傷処置としても用いられる温熱療法というものだそうです。

また、「痒みと熱さなら、熱さの方を強く感じるから」という解釈をしている人もいるようですが、痒みの原因となるタンパク質性の酵素毒成分が熱に弱いため、43~45度くらいで分解されるというちゃんとした医学的根拠もあるようです。

題名は応急処置としましたが、毒を分解できるのであれば、根本的な治療になりますし、薬を使うよりずっと体に優しそうです。

具体的な処置としてはかなり熱めの45度くらいのシャワーを5分ほど患部にかけます。
これで、嘘のように痒みが治まるそうです。

シャワーなんかない!という状況の場合になるほどなと思ったのがロウソクを患部に垂らすというもの。(ムカデ被害の応急処置として、紹介されていました)

これならコンビニで買えますから、よほどの僻地でなければ外出時でも対処できます。
溶けたロウソクは50度ほどの温度があるようですが、基本的にやけどの心配はないようです。その手の趣向の方はポタポタやってますもんね。

それはさておき(笑
わたしが思いついたのが使い捨てカイロを使うこと。
調べてみると使い捨てカイロは大体55度前後のようです。
もし、ブヨにやられたら、これで5分くらい温める。
これならかさばらなく、ひとつ常備しておいても苦になりません。
後はホットの缶コーヒーを充てるとかでしょうか。(肝心の夏場にはありませんね)

本当は画像付きで効果を紹介したいのですが、最近、対策を怠らないようになったため、あまり被害にあうことが少なくなりました。やっぱりまずは刺されないことが大切です。

機会があればぜひ実践して、有効性を試してみたいです。
もし、試してみたという方がいらっしゃいましたら、効果を教えてください。

いずれの方法をとるにしても、温熱療法ではくれぐれもやけどには注意してくださいね。

※追記です
実際にブヨのに温熱治療を試してみました。
やはりよく注意しなければ、悲惨な結果になる恐れが・・・

ブヨに刺されたら冷やす?温める?対処法を検証してみました」をご覧ください。



nice!(0) 
共通テーマ:健康

知っておきたい!イソヌカカに刺されたときの治療法 [イソヌカカ 治療]

意外に知られていない怖~い虫イソヌカカ
甘く見ると酷い目に遭います。
生態も習性が酷似しており、タンパク質性の毒を持つブヨも同様の治療法と考えて差し支えありません、

a0003_000896.jpg
キャンプ場や釣りなどのアウトドアスポットに分布しています。

イソヌカカに刺されたら・・・

すでに毒による炎症を起こしている場合は基本的には患部を冷やします。
保冷剤などを充てると随分楽なはずです。

そして、皮膚科できちんとした治療を受けるのがベストです。
イソヌカカの場合は抗アレルギー剤の錠剤とステロイド系のプロピオン酸クロベタゾールという軟膏の塗り薬で治療することになるかと思います。

適切に治療すれば、3日ほどでずいぶんよくなります。

その場での応急処置については「ヌカカやブヨ刺されの応急処置」も参考になるはずです!

もし、病院に行けない・それほど、酷くないということであれば、薬局で購入できる痒み止めを使うという方法もあります。

ただし、通常の蚊用の痒み止めなどでは、まったく効き目がありません。

わたしが実際に何度も試しましたので、間違いありません(笑
いろいろと試したなかで、結構効き目があったのはコレ↓
e004624h.jpg
ムヒアルファS【池田模範堂】通販

近くの薬局などにもあると思うので、キャンプなどには、携行しておいて損はありません。

酷いときは、刺されたところを中心に直径20cmほど膿んだように腫れる場合もあるイソヌカカ(怖

1週間以上、苦しむこともありますので、くれぐれも、あまく見ない方が身のためです!


nice!(0) 
共通テーマ:健康
イソヌカカ 治療 ブログトップ
Copyright © イソヌカカ対策 All Rights Reserved.

PAGE TOP

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。